プロファイル

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

放射線観測値

Radiation

福島第一原発
福島第二原発
柏崎刈羽原発
電力館

電力消費量

最新のCPUについて

 
CTOの南雲です。

面白いニュースがあったので、ちょっと書きます。

[インテルとAMDの新たな競争--CPUとGPUの統合チップ]
http://bit.ly/9Tmpqu

いいですね、次世代チップでの争い。

ただ、他にも刺客は居るんです。

そう!QUALCOMMとNVIDIAなんです。

ご存知QUALCOMは携帯機向けのARM系チップを作ってる会社

そしてこれまたご存知NVIDIAはPC向けグラフィックボードを作っている会社。

そしてApple。PASemiを買収して、A4ってチップ作りました。

QUALCOMMのチップはご存知SNAPGRAGON。いまやiPhoneを除く大部分のスマートフォンに搭載されています。

そして現在はAUのガラパゴス携帯にも搭載されています。

そして意外なNVIDIA。実はAVATARでRAY TRACINGを他の会社と一緒に担当し、あの数十億ポリゴンといわれる映像を実現しています。

また同時に現在はTEGRAを出している。東芝製のANDROIDタブレットFOLIO100に搭載されているのだ。

先だってSAMSUNGがTEGRAを見限った様だが、実績としては着実に積んでいるようだ。ただ、どうも色々探っているとPCと携帯の違いに四苦八苦しているのが見える。

というように、OpenCLでのCPU+GPU コンピューティングを実現するプラットフォームが整いつつある。

クラウドコンピューティングにおいては、いままでのパワーユーザと違った、エンドユーザがスマートフォンなどを利用するケースが多くなってくるので、

プレゼンテーションレイヤでの技術進歩は欠かすことが出来ない。

そこでこの各社揃ってきたCPU+GPUのプラットフォームが非常に重要になってくるだろう。

ということで、今後もOpenCLやCPU+GPU統合チップを注目していく。

なぐも


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック