プロファイル

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

放射線観測値

Radiation

福島第一原発
福島第二原発
柏崎刈羽原発
電力館

電力消費量

クラウドで便利な機能:文書変換

今日はちょっとした便利機能を記事にしたいと思います。最近ビジネスの現場ではPDFでデータのやりとりをすることがあります、たとえば見積書を受け取ったり、提案書を受け取ったり。ただ、見積書などを社内で稟議する場合、そのまま添付資料とするのではなく、自社のフォーマットや自分のフォーマットにしたいと思いますよね。そういうときに、PDFからコピーをするのではなくて、WORDなどに変換できると嬉しいですよね。私たちも利用していますが、Googleドキュメントにアップロードする際の変換機能を使って、これを実現できます。

まず、GoogleドキュメントにPDFの書類をアップロードします。その前にアップロードのオプションとして、「変換するオプション」をオンにしておきます。
アップロード時の変換オプション
これで、アップロード時にデータがGoogleドキュメント形式に変換されます。そしてアップロード
アップロード


これでアップロードされました。

そしてこれを開いてみると、こんな感じです。
ダウンロード時の変換オプション


もとのPDFファイルがあまりにも修飾されていると、文字が少し冗長されますが、PDFから直接コピーするよりはましです。

これをダウンロードするのですが、その際にも何の形式でダウンロードするかを指定できます。
して出来るのは、WORD、ODT、テキスト、HTML、RTFもちろんPDF。

いずれも、タグ付けされた文書には変わらないので、中間言語的に変換されたGoogleドキュメントからはお茶の子さいさいです。

ということで、これをするとちまたのPDF変換ツールなんぞをつかわないでもPDFから様々な文書フォーマットに変換がされることがわかります。

便利ですよね。

ただし、パワーポイントなんかももちろんできますが、フォントが初期値になったり、レイアウトが若干くずれるので、変換にはあまり向いてないです。

これは最初からGoogleドキュメントやZOHO SHOWなどで作っておいたほうが面倒がないです。

ということで、ちょっとした小技でした。

なぐも

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック