プロファイル

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

放射線観測値

Radiation

福島第一原発
福島第二原発
柏崎刈羽原発
電力館

電力消費量

クラウドプレーヤー

 
クラウドというと、やはりクラウド自体の仕組みに注目が集まります。

っが、実はいわゆるRIAというところも非常に進化しています。

RIA(Rich Internet Application)というと、FLASH?ってな感じになりますが、そうではなくて、クラウド上のデータとどのように表現するかという観点で見てみると、クラウドデータの表現(プレゼンテーション層)というお題に対して、いろんなベンダーがすさまじく競っています。

先日FirefoxのアドオンでS3 Organizerを紹介しましたが、ブラウザを含めプレゼンテーション層での戦いが激しいです。

たとえば、共通もしくは標準路線で言うと、HTML5。

現時点でGoogle Chrome 3.0以降、Safari 3.1以降、Firefox 3.5以降、Opera 10.5、Internet Explorer 9でHTML5が実装されており、HTML5には様々なプレゼンテーション層での実装が多く入っています。

たとえばaudio要素・video要素・canvas要素、それにDOMStorageの対応があります。

DOMStorageは、HTMLのなかから(制限された)ローカルストレージへのアクセスが許可されており、RDBMSの利用も可能です。ここで言うRDBMSとはSQLITEのことですが、非常にコンパクトで、WebKitには標準装備されているので、上記Chrome、Arora(Qtを使ったクロスプラットフォームブラウザ。Qtはまた今度お話しします。結構おもしろいです。)、Symbian OS向けのS60ブラウザ、もちろん本家のSafariもWebkitですので、利用可能です。ちなみにAndroidにも当然Webkitが使われています。

ちなみにGoogleDesktopに利用されているDBはSQLITEですよ。

ということで、現時点でDOMストレージなどを利用しているブラウザは、今後クラウドプレーヤー(クラウドのデータを利用し、表現するもの)としての役割を果たして行くこと考えています。

ということで、クラウドのデータを表現するという立場から考えると現在のブラウザ競争は非常にありがたく、もっといろんな技術を実装してもらい、よりリッチな表現方法を使えるようにしてもらいたいものです。

話はそれますが、RIAといえば、AdobeAIR、Microsoft Silverlight、JAVA/FXなどが有名ですが、これに対して標準路線で言うと、HTML5+AJAXなどがあります。

最近のSilverlightなんてかなりいいですよね。でも、実際に実装してみようと思うとまだまだな感じがしますが、、、XAMLデータがでかすぎるんですかね。

結局、AppleはFlashを採用しなかったし。どうも標準化にこだわったみたいですね。

Appleって、自分たちで標準仕様を作ってあとはKhronosという標準化グループに「よろしく」ってお任せしちゃいますよね。

でも最近のAppleっておもしろいですよね、OpenCLも今後標準化が広まってくのでしょうね。

ってだいぶ話がづれましたが、今後もクラウドにおいては、クラウドプレーヤーとしての役割を持つアプリケーション、いわゆるプレゼンテーション層のプレーヤーからも目が離せません。

なぐ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック