プロファイル

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

放射線観測値

Radiation

福島第一原発
福島第二原発
柏崎刈羽原発
電力館

電力消費量

Appleがすぐ標準化する件


最近iPhoneに載せる載せないでADOBEとAPPLEが戦っていますよね。ちょっとタイムリーなので、その話題を。

APPLEってどんな会社だと思いますか?マッキントッシュ(古っ)、iPhone、iPod、iPad、Newton(これも古っ)なんてものを出している会社ですよね。

ただ、APPLEって基本的にはSteveJobsの会社であることは間違いないのと、
実はもう一つ重要なことがあるのです。

実はユーザーエクスペリエンス(ユーザ体験)を売っている会社なんです。

私も一度WWDC(World Wide Developer's Conference )に参加したことがあるのですが、そこに即席Apple Labが出来ていたのですが、一番行列が出来ていたのが、

ななんと、ユーザーインターフェイスラボなんです。要は、みんなユーザインターフェイスとかUIとかをAPPLEと一緒に一所懸命研究してるんですね。

さてそんな話しはほど程に、Appleって実は色んな事を標準化している会社なんです。

みなさんブラウザって何を使ってますか?
IE?Firefox?Chrome?Safari?Opera?

スマートフォンは何を使ってますか?
iPhone?WindowsMobile?Symbian?Blackberry?Palm?

実は、Safari、Chrome、Symbian、PalmWebOS、ANDROID、QtWebやAroraでは全てレンダリングエンジンとしてWebkitが使われています。

っで、このWebkitってのは、実はKHTMLエンジンをベースにAppleが作ってOpenSourceにしてしまったんです。Appleって実はこんなこともやってたんですね。

んで、これをOpenにすることで色んな人たちが利用できるようにする。いい会社じゃないですか(笑)

さて、Appleは実はほかにもFirewireやOpenCLも標準化してます。

それで大体の技術はKhronos Groupって所に移管して、「あとはヨロシク!」って任せちゃいます。このKhronos Groupは他にもOpenGL、WebGLなど色んな標準化を担当してます。WebGLなんかの話しはまたこんど。

さてこんなに標準化しちゃったり、Open化しちゃってもいいわけ?って思いますが、やっぱりこれは標準化によるメリットを開発した会社がより多く享受するための作戦です。

いま、FLASHの載せないのもこのせいでしょう。

なんでかって?自分が優位に立っていないコーデック技術でADOBEにやられているのが、悔しいのでしょう。FLASHを使えるようにしたら、ADOBEの思うがままですもんね。

もちろん収益はADOBEが一番多く得られるようになるし。Steve Jobsも公式発表では、技術の問題だっていってるけど、これは表向きで、実際は金の話ですよ。

まぁ技術的なことも一理有るので、全て金の為とは言い切れませんが、9割は金の為でしょうね。

ということで、今後AppleはHTML5(canvas, audio, videoのタグ)、CSS、JavaScript
を使っていくんでしょう。んで、まだ技術的には未熟ですが、Ogg Theoraのコーデックフォーマットもあるし。

ただ、AppleはH.264を推しているので、これをなんとかするんでしょうね。IE9では、H.264 をサポートするし、Chromeもサポートしてるし、ただFirefoxはH.264をサポートしないんですよね。あっ、HTML5での話です。

VideoCodecの対応表

今度iPhoneからはじまり、FLASHが使えない環境が増えるとなると、ビデオはHTML5に任せるとして、やっぱりPapervisionやOpenFrameworksなんかを使って、色々表現していくことになるんでしょうね。

最近みてると、クリエーターが自分達で新しいFrameworkを作り始めてますよね。それが凄く楽しみです。

これもひそかに戦っている、AIRとSilverlightも面白いですね。
もしかしたらAppleが新しいRIAのフレームワーク出してくるかもしれませんね。

あと、関係ないですが、HTML5から標準で使えるDOM.Storageも注目です。

では、今回はこれくらいで。

なぐも

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック